一定期間更新がないため広告を表示しています

暑い。そして暑い。
うだる様な暑さの中で、昨日の下関市ではスコールに見舞われました。
ちょうど、国道を車で走行中の事でした。

下関市の国道9号線は、関門橋を見上げて関門海峡沿いを通るのですが、
「車道-歩道-海」だけの区間がかなり長く続きます。
つまり、雨宿りできる場所が全くないのです。

それまで晴天だった青空がみるみる曇天に変り、轟音と共にあっという間のスコール。
自転車の高校生やジョギングしている人などは、なすがままに滝修行。



本題は、退去の立会いでの水分関係ですけど、
続きを読む >>
マンション入居者様より、お電話・・・。
なんとっ!!
マンションの1階エントランス部屋根から、滝の様に水が・・。
雨水管(排水管の事)からの水が大量に・・・・溢れてる

こんな時には応援を↓


マンション正面玄関より、建物内部に入る為には
滝打ちの修行を受けなければならない!!?


しかぁし、今日は一日雨が降ってないぞ!!

おかしいっ!!

なんだ原因は?
くもり
くもり
くもり


!!!!!!!!!!!!!!!!!!

もしやっ!!

うぉっ!!やはりっ!!

高架水槽(屋上のタンク)の満水ランプが、赤々点灯中!!
つまり、屋上のタンクが一杯なのに、まだまだ足りないぜっ!!と汲み上げポンプがガンガン動いてるんです!!

よく見てみるとポンプ制御が手動運転になってる!!?

早速自動運転に切り替えてっ!!(タンクにお水があればポンプが自動停止するように
正常に動作するかを確認中←今ここ。

しかし、誰かが制御盤を触らなきゃ変わる筈ないのに・・・??

詳しい顛末と犯人探しは、明日のブログでご報告しますっ!

にほんブログ村 地域生活ブログ 山口情報へ

修行しろという天のお告げにちょっとビビる不動産会社-賃貸管理担当は東武住販。
暑い日が続いてますが、賃貸管理担当者をさらにヒートアップさせる事件が続いています。晴れ晴れ
月極駐車場を中心に800台分程の駐車場を管理していますが、
契約者以外の無断駐車のクレームお電話が、1日に数件掛かってきます

応援していただけますか?↓


基本的に敷地内の違法駐車は、自分で処置しなければならないのですが、
最近は物騒な事件も多いので、契約者の皆様が直接は言いたくないというケースが増えています。

管理会社として冷静に対処するように努めるのですが・・・・。
理不尽な人が中にはいます。

しかし、理不尽な人には慣れました。
言うべき事を言い、するべき事をするだけなんですが・・・、

するべき事ができないっ!!!!

契約者さんから、すみませーんって電話が掛かってきて
近いところなら、車で2分。
即効で準備して、3分で到着。(セ●ム様並みの速さです)
見渡してみても・・・・違法駐車がない・・・・。

そんな事が3回も続けて・・・。

手の汗がしみ込んだ「無断駐車厳禁」の貼り紙とガムテープが
小刻みに震えるってもんです。むかっむかっ
強烈な日差しにクラクラッと眩暈を覚えながら、アスファルト舗装から
立ち上がる熱気の中で呆然とするのです・・・。ムニョムニョ

皆様、違法な無断駐車はやめましょう。
ちなみに昨日、バスがレッカー車にひかれて行くのを見ました。
なんでしょう?
違法駐車って訳でもないでしょうが・・・?
どなたか訳を知りませんか?

ポチッと応援。↓



ヒートアップしすぎて頭から湯気が立ち上がる管理担当者は東武住販
台風が接近中です…。
怪我をしないように気を付けることは勿論ですが、
家に被害が出ないように、出来るだけは準備しておきましょう。

空家管理を受託している戸建住宅ですが、ここは特別に風が強いらしい…。
実は受託してから始めての台風襲来。
どの方向から、どんな風がやってくるのか…??

念には念を入れて、窓という窓全てにバッテンマークをつけてきました。
バッテンマーク

もちろん飛びそうなものは全部室内へ…。
飛びそうなものは室内へ.jpg
これ犬小屋です。台風の時は犬小屋くらいなら飛ばしかねないですから。

特に空家管理している物件は、問題が起こっても報告してくれる人がいないので
心配です。

応援クリック↓↓


>>>>>思い出しました…、かなり以前の台風の時。
豪雨あめあめ
すごい雨だったです。

賃貸管理担当の間には、とある法則があります。
その中のひとつに「雨が降ったらテレビが見れないぞ。」というのがあります。

ポチリと↓↓


雨が降ってれば、家でテレビでも見るしかないってのに…。
本当に嫌な法則なのですが、もちろん全ての建物がという訳ではなくて
ある条件が満たされ、かつ運が悪いと起こるのです。

一昨日からの豪雨。
これだけ降れば、どこかのアパートでテレビが映らないって苦情がありそうだと
思ってました。しかし、予想外な程に豪雨、豪雨。
結局、4棟のアパートから「テレビ見れないよー」という悲痛な声が寄せられました。
3棟のアパートは難なく解決.

残りの1棟が…泣き顔泣き顔泣き顔

ものすごく簡単に結論から言うと、なんと屋根裏にテレビの電波を増幅して各戸に配ってるブースターの電源部があったのです。
ずぶぬれのスーツで屋根裏に這い上がり泣き顔、懐中電灯で照らしながら埃まみれの怪しい足場を進んで泣き顔、電源ランプを確認。電気きてないよ。やっぱりだよ
やっとの思いで屋根裏から降りてきたら黒いスーツが埃まみれで
ヒョウ柄かよっ

やっぱり漏電してたんですが、ブレーカーを上げてもすぐ落ちる。
ブルーになりながら漏電箇所を探すため、問題を切り分けしながら確認。

入居者の皆様すみません。テレビは見れますが外灯は点けられません…。
晴れたら、本格調査しに行きます。

 ……。
 施工会社さま、屋根裏にブースター電源部を置くのはやめましょう。
 お願いします…[:がく〜:]。

 スーツを作業着変わりにするので、いつも怒られる不動産会社は東武住販
 
 応援してやって下さい↓↓
 
管理委託契約にオーナー様のお宅に訪問してきました。
おぉ、さすがに大地主様。
お庭の大きな池に、これまた大きな鯉が悠々と泳いでいました。

応援して下さい。↓↓↓↓
 にほんブログ村 地域生活ブログ 山口情報へ

重厚な石の玄関を通り、通されたお部屋は見事な応接室。
畳のお部屋だと思ってたのですが、品の良いフローリングのお部屋でした。

しかし、ここから大誤算が…。
場の流れからフローリングに正座する事に…。
始めから「まずいな…。冷や汗」と思ってましたが、何しろ受託戸数が62戸。
簡単に引継ぎが終わるはずもなく、鍵の整理だけで2時間掛かってしまいました。

畳に正座は慣れたものですが、フローリングは正直きつかったです。
もちろん、足を崩す様に言われたのですが、さすがに胡坐で引継ぎはできませんから。

足がシビレてしまって今回は鍵の整理のみで終了。
書類の整理はまた後日。

しかし、オーナー様もうすぐ80代になられるというのに、すごい。
全号室の入居者の苗字をソラで覚えておられる…。
むぅすごいですよね…。

まぁ、それでも今後は面倒だし、息子様に相続する時スムーズに行くように
今から、管理を頼むよとの事。

今から、1ヶ月程掛けてしっかり引継ぎします。
もちろん、全号室の入居者様のお名前とお顔を覚えますよっ!!!

休日に下関市内で買い物に行くと
 必ず2・3人の入居者様とすれ違う賃貸管理会社は、東武住販 下関本社

お久しぶりですひやひや
賃貸管理担当です。

たまには、賃貸管理担当もブログを書きなさいとWEB担当よりお達しが…泣き顔
内容的には書けないモノが多いのですが…。
ちょっとかわいい「苦情のお電話」をご紹介しますピピピ

「もしもし、○○ハイツの○○号室、○○ですが。冷や汗
 奥様より、焦りながらのお電話です。さて何事かっと身構えます。
 でも、そんな時こそ沈着冷静に
「お世話になっております。どうされましたか?」
「お水が止まりません。お台所のお水が…(アセアセ)冷や汗。」
 ?????
 焦ってしまってテンパッてる人から正確に状態を聞きだす事こそ
 賃貸管理担当者の必須項目なのです。
「お台所のどこのお水が止まりませんか?」
「蛇口から…回しても、止まりません…(アセアセ)。」
 回しても??…カランのバルブの事ですね。[閉める]に回しても止まらない。
 となるとちょっと厄介なのですが…。
「○○ハイツの台所の水回りは2バルブ混合栓ですが、
 止まらないのは冷水側ですか?お湯側ですか?」
「…………(沈黙…)……。キュッ。………。?
 ?????キュッ??????
「すみません、お湯の方を閉めてませんでした…。(エヘッ)かたつむり
 ………くもりくもりくもりおっとぉ。うっかり管理担当はハングする所でした。
「あぁ…、そう…ですか。いやぁ、よかったですねぇ…。」
「スミマセンでしたぁ。ときめき」奥様、やけにかわいらしくお答えで…。
「じゃあ、また何かあったらご連絡くださーい。」
「はい、どうもすいませんでした。」
 いえいえ、どういたしまして。
 しかし、お湯の方のカランを閉め忘れるって……。
 
 たまにこの様なかわいらしいお電話をいただくと賃貸管理は
 和むのです…。
 
 下関市の賃貸物件の管理を頼むなら、東武住販 下関本
時代の変化でしょうか、不動産賃貸管理業に求められる内容に変化が起こっています。
お久しぶりです。管理業務担当です。

都会の方では当たり前のことなのでしょうが、
下関市においても不動産の賃貸管理に求められる内容がこんな風に変わってきています。

「基本的に休んじゃだめだよ。」
こんな感じです。(笑)
大雑把な表現ですが、平たく言うと
「他の不動産屋さんに管理を頼んでたんだけど…。
 土・日には電話がつながらないし、PM6:00過ぎたら電話もつながらないんだよ。
 私達だって仕事してるから、仕事が終わってからじゃないと打合せとか出来ないし。
 日曜日くらいしか下関まで来れないのに。
 地元の不動産屋さんだからいい面もあるんだけど…。
 なんていうか、昔ながらの個人のお店だから、いろいろと…まぁ古いんだよ。
 インターネットで募集とかしてないしね。メールアドレスないんだってさ。
 お宅は会社組織だから大丈夫かなっと思ってさぁ。」
っていう感じで、管理委託の問い合わせを頂くことが多くなってきました。
これって、都会では当たり前ですよねぇ。
下関だと結構、そんな業者さんもいらっしゃるのです。
やっぱり個人経営の不動産業者さんで管理業務をするのって大変だと思いますしね。
私、個人で管理をやれって言われたら嫌ですもの。
 
 また、無駄に長い文章になってしまいましたが、
 ともかく、同僚に感謝ということで無理やり話を締めくくってしまいます。

下関市の不動産・賃貸物件の管理は、東武住販下関本社
メールはこちら
【賃貸管理】です。
この3日間は中々ジェットコースターでした。
のですが、ほとんど記事にできない事ばかり…。

というわけで、3つだけご報告いたします。

5階建てマンションにて「水が出ないっ!!!」。
しかも大家さん手配の業者さんがすごく忙しいらしく、
現場までやって来るのに時間が掛かるらしい…。
「ぁあぁー。」
当たり前ですが、30世帯の半分ぐらいからクレームのお電話が鳴る。
そして皆さん同じクレームを言われる。
そして私たちは同じお詫びの言葉と今後の段取りをお伝えする。
ひととおり説明を終えて、ふっと思う。

「ブログみたいに皆さんに一斉に発信できればいいのに…。」
誰かそんな仕組みを考えてくださいませんか?
本サイトにて光ファイバーの障害情報みたいなページを
作ってもらおうかしら。

なんて考えている暇はない。
くみ上げのポンプの故障かと思いきや、それだけでは終わらない。
給水配管が埋設部のどっかで割れている??
あぁ、今日中の復旧は不可能だ。→この段階で既にPM10:30。

業者さんが皆さんのお部屋訪問してご説明をしてくれたけど、
ご不在の方が11名。
遅くに申し訳ないと思いながら、携帯にお電話。
事情を説明し終わって時計を見上げる…。←あぁ。PM11:15。
(とりあえずは、W杯の日本戦が無い日で良かった。)

ちなみに翌日、応急復旧完了しました。
入居者の皆様、ご迷惑をお掛けしました。

3つ書く予定で始めたけれど、長くなりましたので
残り二つはまた今度にします。

下関市の不動産・賃貸管理は、東武住販にお任せください。
管理担当
「フラッ」と立ち寄ったのです。
大体、地主さんのお宅にお邪魔する場合、2時間程を予定してるのですが・・・。

気が付いてみたら、5時間30分。
おそらく最長記録です。

しかも仕事に関わるお話は20分位。
残りは、「人間とは如何に生きるべきや。」という難しいテーマでした。
もちろん勉強になります。

かの人たちは、自然を相手にゆるりと自分を見つめている。
「しゃべらない・動かない植物」を相手にしているのだ。

頭では、なかなか理解できないお話が多いのだけど。

もちろん立場が違えば、仕事が違う。
アパートを建てて頂く提案をしたり、管理を任せてもらえる様に
色々と口説き文句を考えてお邪魔するのだけど、
そんな下心を見透かされてか、ゆるりゆるりと受け流される。

次第にこちらが、
この人は不動産ビジネスに身を置いている訳ではないんだなぁと
思ったりして、代わりに私たちがこの人に資産を守るために仕事を
しているのだな。

と思ったりする。
使命感を持ったりする。

3日間位は。

東武住販 下関本社 
賃貸管理担当